ホームページを再リニューアルしました

表題の通り、ホームページを再リニューアルしました。
主に、ページ表示速度でのパフォーマンス不足に納得できなかったためです。

2021年にサイト表示速度がSEO要因に

SEOはサーチエンジン最適化(Seach Engine Optimization)の略です。

SEOが目指すの指標の一つは、検索順位検索結果画面(SERP)での上位表示です。

SERPとは、Serch EngineResult Page の略語で、できるだけ上位に自社サイトが表示されることをSERPの指標で見ていくわけです。最初から専門的な用語の話になってしまいました。

この検索結果の順位(SERP)は、これまではサイト全体のページの量や、内容の充実性、外部サイトからの参照数などが重視されていました。

加えて近年は、モバイル端末の普及に伴い、インターネット回線が遅くてもページがスムーズに表示できるようにGoogleはサイト管理者にメッセージしていました。
あわせて、AMPなどの超軽量ホームページ仕様をgoogleは策定していたわけです。
実際に、検索結果の基準はすでにモバイルでの利便性を第一優先にすると明言されています。

そして遂に、来年のアップデートでページ表示速度が検索結果に影響を与えることを初めて明言したことになります。

そういった背景で今回金畑商事のホームページはリニューアル直後でしたが、さらにリニューアルをしました。

ページ表示速度の改善効果

結果を先にお見せしましょう。

コーポレートサイトの、モバイル端末で73点はあまり出せないスコアです。
いずれも最低のスコアを表示しています。

こちらのページでウェブサイトの表示スコアを検証することが可能です。
https://developers.google.com/speed/pagespeed/insights/


いろいろと手を尽くしましたが、キャッシュデータの最適化よりもワードプレスのテーマ選定が一番効果が高く、
日本製のテーマではCocoon、海外製のテーマではEnfoldが非常に高いパフォーマンスを示しました。

とはいえ日本製の有料テーマは、アフィリエイト向けの物が多く、また表示速度が遅いものが多かったです。
海外製のテーマはデザインやカスタマイズ性に優れていますが、表示速度が桁違いに遅いものが多かったです。

現状では、レイアウトのデザイン性を担保しつつ、パフォーマンスを高い状態に維持するためには、海外ワードプレスのEnfoldのテーマ使用するのがベストエフォートとなると考えています。

ただ、Enfoldの使い勝手は癖が強くデザインにも制約があります。このあたりがウェブ制作者泣かせです。

5G時代のSEOはどうなるのか

いずれ来る5Gスタンダードの将来には、ページ表示速度以上にページコンテンツが重視されるようになると考えています。

その際にはまた弊社のホームページのリニューアルが必要ですし、お客様のホームページにとっても同様です。

私見ですが、ホームページの賞味期限は3年と考えています。
一度作ったらおしまいというのホームページはありえません。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です